無料相談窓口も活用しよう

無料相談窓口も活用しよう

借金をしたくてする方はいませんが、人によってさまざまな事情により、借りやすいところから借金をする場合があります。

 

それが、一般的な審査の厳しいところからの借金であれば貸す方も返済が滞っては困りますから、無理のない金額で返済計画もきちんと考えられています。

 

また、審査がある程度緩いとされている消費者金融からお金を借りた場合であっても、法律に則って経営されているので通常はそれほど借金の返済が難しくなることはありません。ところが、知ってか知らずか、誤って闇金からお金を借りてしまう人がいます。闇金は、法律を無視し、金利の上限を守ることもまったくありません

 

そのため、返済をしているうちは普通の貸金業者同様に、特におかしなところはないのですが、金利が高いなどで返済が滞ると、途端に態度が豹変し、異常に厳しく暴力的な取り立てが始まるといっても過言ではありません。たとえば、電話でひっきりなしに返済を迫るとか、自宅や職場にやってきて騒ぐとか、嫌がらせの限りを尽くしてお金の借り主を追い込むのです。

 

しかも、場合によっては約束通りに返済が終わったはずなのに、知らないうちに自分の口座にお金が振り込まれているなど、また借金を押し付けられることなども生じます。つまり、一回闇金と関わった人は、生涯にわたってお金を搾り取られ、その家族や親戚までもが脅迫される場合も多々あるのです。

 

そこで、もしも、闇金業者と関わってしまったときには、時間を空けずに早めに弁護士会などの無料相談を受けることが重要です。弁護士に相談したくても、お金がなくて相談料が支払えないからと躊躇している暇はありません。弁護士会では、必ずその人の状況に応じて判断し、まずは無料で相談に乗るなどしてくれます。

 

また、弁護士への支払いは問題が解決した後に、過払い金返済分からとか、分割払いなどでも応じてくれます。そこで、恐い取り立てに怯えているような場合には、できるだけ早く、無料相談を利用することが大切なのです。無料相談は、弁護士会のほか、各弁護士事務所などでもおこなっていることがあるので、インターネットや電話などで調べてみると良いでしょう。

 

また、法律の専門家である弁護士にも、得意な分野というものがありますから、闇金との対決を望むのであれば、闇金問題を数多く取り扱っている専門家に依頼すると、解決までの過程がスムーズです。弁護士などがその資格で闇金との間に入っただけで、違法で恐い取り立てはぴたりと収まります。

関連ページ

10万円から100万円の借り入れの法定金利は18%
借金問題で苦しんでいるのは、もしかしたら借金に関する法制度やいろいろな借金に関する知識不足が原因かもしれません。まずは借金について知っていきましょう。ここでは、借金の金利の限度を定めた法定金利とその現在の利率についてわかりやすく解説していきます。
おまとめローンや借り換えローンもおすすめ
借金問題で苦しんでいるとき、多くの借金を複合的に抱えてしまい、返済日も複数になってややこしくなっていることも自体を悪化させてしまう一因となりえます。ここでは、多重債務の解決の第一歩におすすめのおまとめローンや借り換えローンについてわかりやすく解説していきます。
審査も緩い消費者金融を頼ろう
闇金などは法定金利を超える高すぎる金利であるため、借りた金額よりも多くの金額を返済しなければならなくなるなど、苦しみは二重三重にも積み重なってしまいがち…ここでは、法定金利の限度を守って貸付してくれる金融機関で審査も比較的通りやすいと言われている消費者金融の活用についてわかりやすく解説していきます。
法務事務所と法律事務所の違い
借金が重なったとき、返済のことで頭が一杯になり、審査のいらないような金融機関を利用することもいとわないような心理になってしまうこともうなずけます。しかし、闇金業者からお金を借りてしまった場合には、その金利は非常に高いため、返済はより苦しくなってしまうでしょう。ここでは、多重債務でどうにもならなくなってしまったときに相談すべき法律家、法務事務所と法律事務所の違いについてわかりやすく解説していきます。
法定金利は10万円までの借り入れで20%
金融機関から借り入れことで、まとまったお金を一時的に手に入れることが出来るため、急場をしのぐ場合やまとまった出費が必要になったときは非常に便利なのですが、返済するときには金利も負担する必要がありますよね。ここでは、返済する場合に支払う義務が生じる金利に関して、法定金利がどれくらいなのかわかりやすく解説していきます。
消費者金融のサービス品質は向上している
かつて消費者金融と言えば、非常に高い金利だったり激しい取り立てなどが問題となり、イメージは非常に良くない存在と言えました。この消費者金融業者の最近の状況は、法定金利を守り、取り立ての方法も法律の範囲に留まり、サービスが向上してきている、そんな現在の消費者金融事情についてわかりやすく解説していきます。
路上広告の怪しい広告には要注意
「審査が甘い」「ブラックOK」などの文言と連絡先の電話番号が記されているような路上広告は、闇金業者への入り口の場合があり、本来手を出すべきではありません。複数の借り入れをしてしまい、借金の返済が苦しくどうにもならなくなってしまうときも絶対手を出したくない、怪しい路上広告の注意点についてわかりやすく解説していきます。
返済方式と計算方法は確認必須
カードローンなどを利用して資金の融資を受けた場合には、返済方式により計算方法は変わってくるものと知っていましたか?ここでは、資金の融資ごとに利率や返済総額が異なるため、返済方式と計算方法は確認しておくべきであるその理由などをわかりやすく解説していきます。
過去の上限金利は29.2%だった
現在、消費者金融業者が契約者に貸し付ける際の金利は18パーセント近辺でほとんど統一されていますが、これは法整備された結果、かならい改善されたものといえます。実は以前は上限金利は29.2%もの高さで、そのころの厳しかった借金を取り巻く事情について解説していきます。
金利計算も必ず確認しよう
収入に対して支出が増える、人生にはそのような苦しい状況がありえます。こういった時、そのピンチを凌ぐのに活用されるのが、金融業者からの借り入れです。ここでは、実際に借り入れをしてから返済に困るような状況に追い込まれないために知っておくべき、借り入れの前に金利計算などでシミュレーションをしておくべき理由についてわかりやすく解説していきます。