過去の上限金利は29.2%だった

過去の上限金利は29.2%だった

現在、消費者金融業者が契約者に貸し付ける際の金利は18パーセント近辺でほとんど統一されています。

 

銀行カードローンについても18パーセント以下で利息が設定されています。

 

しかし過去(といっても十年ほど前まで)は、多くの消費者金融業者が29.2%で貸し付けていたのです。

 

実は借金の利息に関して定めている法律は二つあります。それが『利息制限法』と『出資法』です。過去、この二つの法律の存在によってグレーゾーンが生じ、多くの問題を起こしてしまったのです。借金の利息についての法律ですが、過去にはその内容は大きく異なっていました。

 

利息制限法では(金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約)については元本が10万円未満の場合が年20%。元本が10万円以上100万円未満の場合が年18%。そして元本が100万円以上の場合が年15%と定められていました。一方、出資法では上限金利が29.2%と定められています。つまり、過去に消費者金融業者が設定していたのは出資法の上限利息ということになります。

 

なぜ利息制限法の利息ではないのかというと、実は利息制限法には罰則が無いのです。しかし、出資法については定められている利息以上で貸し付けた場合には(5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金)という罰則が規定されているのです。さらに出資法に違反すると、貸金業の登録取り消しや業務停止などの制裁が課せられます。

 

そのため、多くの貸金業者は、この出資法だけは違反することのないように利息を設定していたのです。闇金業者に関しては出資法すら無視しています。この出資法と利息制限法の間の利息をグレーゾーン金利と言い、過去に大きな問題となりました。

 

この高い利息によって多くの人が多重債務の状態に陥り、借金を苦にして自殺を図る人や、自己破産の申し立て者が急増してしまったのです。そのため、国は出資法を上限金利そのものを引き下げてグレーゾーン金利を撤廃することにしたのです。

 

その結果、出資法の上限金利も利息制限法と同じ20%にまで引き下げられており、グレーゾーンは完全に消滅しています。過払い金の問題が発生したのも同じ時期です。現在では消費者金融業者はもちろんのこと、銀行のカードローンもしっかりこの出資法を守って契約しています。

 

また、低金利を謳い文句にしている銀行カードローンに関しては、顧客を増やすためにより低い利息での貸し付けを行っているところも増加しており、過去の上限利息が29.2%だったことが考えられない状況となっているのです。

関連ページ

10万円から100万円の借り入れの法定金利は18%
借金問題で苦しんでいるのは、もしかしたら借金に関する法制度やいろいろな借金に関する知識不足が原因かもしれません。まずは借金について知っていきましょう。ここでは、借金の金利の限度を定めた法定金利とその現在の利率についてわかりやすく解説していきます。
おまとめローンや借り換えローンもおすすめ
借金問題で苦しんでいるとき、多くの借金を複合的に抱えてしまい、返済日も複数になってややこしくなっていることも自体を悪化させてしまう一因となりえます。ここでは、多重債務の解決の第一歩におすすめのおまとめローンや借り換えローンについてわかりやすく解説していきます。
審査も緩い消費者金融を頼ろう
闇金などは法定金利を超える高すぎる金利であるため、借りた金額よりも多くの金額を返済しなければならなくなるなど、苦しみは二重三重にも積み重なってしまいがち…ここでは、法定金利の限度を守って貸付してくれる金融機関で審査も比較的通りやすいと言われている消費者金融の活用についてわかりやすく解説していきます。
法務事務所と法律事務所の違い
借金が重なったとき、返済のことで頭が一杯になり、審査のいらないような金融機関を利用することもいとわないような心理になってしまうこともうなずけます。しかし、闇金業者からお金を借りてしまった場合には、その金利は非常に高いため、返済はより苦しくなってしまうでしょう。ここでは、多重債務でどうにもならなくなってしまったときに相談すべき法律家、法務事務所と法律事務所の違いについてわかりやすく解説していきます。
法定金利は10万円までの借り入れで20%
金融機関から借り入れことで、まとまったお金を一時的に手に入れることが出来るため、急場をしのぐ場合やまとまった出費が必要になったときは非常に便利なのですが、返済するときには金利も負担する必要がありますよね。ここでは、返済する場合に支払う義務が生じる金利に関して、法定金利がどれくらいなのかわかりやすく解説していきます。
消費者金融のサービス品質は向上している
かつて消費者金融と言えば、非常に高い金利だったり激しい取り立てなどが問題となり、イメージは非常に良くない存在と言えました。この消費者金融業者の最近の状況は、法定金利を守り、取り立ての方法も法律の範囲に留まり、サービスが向上してきている、そんな現在の消費者金融事情についてわかりやすく解説していきます。
無料相談窓口も活用しよう
借金はしなくても良ければそれに越したことはありませんが、生きている間には経済的に苦しい場面もあり、思わず借りやすい闇金などに手を出してしまうこともあるかもしれません。ここでは、闇金などの多重債務に苦しんで、どうにもならなくなってしまったときの対処のためにおすすめの無料相談窓口の活用についてわかりやすく解説していきます。
路上広告の怪しい広告には要注意
「審査が甘い」「ブラックOK」などの文言と連絡先の電話番号が記されているような路上広告は、闇金業者への入り口の場合があり、本来手を出すべきではありません。複数の借り入れをしてしまい、借金の返済が苦しくどうにもならなくなってしまうときも絶対手を出したくない、怪しい路上広告の注意点についてわかりやすく解説していきます。
返済方式と計算方法は確認必須
カードローンなどを利用して資金の融資を受けた場合には、返済方式により計算方法は変わってくるものと知っていましたか?ここでは、資金の融資ごとに利率や返済総額が異なるため、返済方式と計算方法は確認しておくべきであるその理由などをわかりやすく解説していきます。
金利計算も必ず確認しよう
収入に対して支出が増える、人生にはそのような苦しい状況がありえます。こういった時、そのピンチを凌ぐのに活用されるのが、金融業者からの借り入れです。ここでは、実際に借り入れをしてから返済に困るような状況に追い込まれないために知っておくべき、借り入れの前に金利計算などでシミュレーションをしておくべき理由についてわかりやすく解説していきます。