やってはいけない取り立ての実例

やってはいけない取り立ての実例

闇金関係のトラブルには、違法な取り立てがあります。

 

闇金業者は借金の取り立ての際に、法律で認められていない手段をとる場合があります。

 

これから、借金返済の督促における違法行為を挙げていきます。

 


借金返済の督促方法での違法行為
  • 正当な理由も無く午後9時から午前8時までの間に借主に電話または自宅に訪問すること
  • 借主の自宅に大人数で押しかけること
  • 借金の事を周囲の人に知らせること
  • 他者からの借金を返済するように強要すること
  • 弁護士や裁判所から債務整理の通知を受け取った後に返済の督促を行うこと
  • 借主の勤務先に電話または訪問すること
  • 大声を上げたり乱暴な言葉を使う・暴力、法律上支払い義務のない人に対して代わりに返済するように求めること

 

上記に挙げられるものがあったらそれは違法行為となります。

 

違法な取り立ての事例として、借主の自宅のポストやドアの隙間などに外から見えるようにビラを張ったり、チラシを置く行為があります。一昔前であれば、正規の貸金業者でもローンの宣伝ビラを近所の人が見える場所に置いて嫌がらせをするケースがありました。宣伝ビラを配布しただけと主張しても、意図的に周囲の人に見えるようにする行為は禁じられています。

 

闇金による違法な借金督促方法には、闇金業者が職場に電話連絡や訪問をするケースがあります。何度も職場に電話連絡して、本人に取りついでもらうようにお願いをするという事例があります。同じ人物から何度も電話が来たら職場の人が不審に思い、電話をかけてきた相手に用件を問いただします。

 

この時に借金の督促であることを明かして、借金をしている事が周囲に知られるように仕向けます。闇金業者は被害者の職場に繰り返して電話をかけることにより、間接的に本人に借金があることを周囲の人に伝えますが、自分から借金の事実を知らせた訳ではないと言い逃れができます。

 

職場以外にも家族や親族に対して取り立てをすると脅かす場合もあります。家族に秘密で闇金からお金を借りている主婦に対して、夫に知らせると脅かしたという事例もあります。周囲の人に知らせる行為は禁じられていますし、闇金が一番恐れるのは警察や弁護士に介入されることです。

 

家族や親族にも取り立てをすると警察に通報される可能性が高くなるため、単に脅かしである場合がほとんどです。それでも借金をしている本人は周囲の人に知られたくないと思い、そのような脅しに屈して高い金利を支払い続けます。

 

闇金によっては過激な手段に出る場合があります。借金の取り立てに訪問したところ本人に逃げられてしまい、偶然その場に居合わせた債務者の親族2名を拉致して焼き殺したという実例があります。

 

違法な取り立て行為は刑事事件になるので、映画やテレビドラマのようにあからさまに恐喝や暴力、ビラ貼りなどの手法で督促をする闇金業者はほとんどありません。

 

闇金の多くは、本人が違法行為を受けていると自覚しにくいような方法で巧みに嫌がらせをしつつ、高利の利息を搾取し続けます。

関連ページ

債務整理後の請求やトラブルに注意
違法な高金利で融資を行う闇金のトラブルに巻き込まれるケースで多いのが、債務整理を利用した人に関係するものです。このような債務整理などで債務の処理をした人が陥りがちな違法な貸金業者の利用によるトラブルとその予防のために知っておきたいことなどをわかりやすく解説していきます。
取り立て方法が過激だと違法
まとまったお金が必要になり、借金をする場合に銀行や消費者金融などから借りる場合には審査が必要で、必ず貸してくれるわけではありません。審査が必要無いことなので、安易に闇金に手を出してしまうと非常に大変な思いをすることになってしまします。それらの借金の返済の際の過激な取り立てに関する問題などをわかりやすく解説していきます。
司法書士でも弁護士でも頼れる?
お金が足らずに、支払いが必要になってしまうときに、借金は上手に利用すればピンチを凌ぐ良い方法と言えますが、闇金など間違えた業者のお金に手を出してしまうと、その後の処理は非常に大変なものとなってしまいますよね?ここでは、法律の専門家である司法書士や弁護士の力によって闇金トラブルを切り抜ける方法についてわかりやすく解説していきます。
嫌がらせや家族への請求も気を付けて
通常の場合、収入よりも支出が増えてしまい、生活費を充当するためにお金が必要となる場合には、銀行や消費者金融などの正式な金融機関から借り入れをすることが一般的なのですが、これらの金融機関から借りることができなくなった場合などには闇金に手を出してしまうこともあるでしょう。このような闇金を利用してしまった時に起こり得る嫌がらせや家族への請求などのトラブルを回避するために知っておきたいことについてわかりやすく解説していきます。
精神的ストレスが過剰な場合はすぐ相談
なかなか収入が増えづらい最近の状況からは、収入に対して支出の方が多くて借金をしなければ乗り切れないという場合もあるでしょう。その借金のした業者が実は闇金業者だったとしたら、これは大変です。精神的ストレスが過剰な場合にそのまま一人で悩みを抱えずに専門家に相談すべきである理由などわかりやすく解説していきます。
言葉と力の暴力には気を付けて
まとまったお金が必要になり、借金をする場合には銀行や消費者金融からお金を借りているうちは、その金利は法定限度額によって制限されているので、返済も可能な範囲でしょうが、闇金に手を出してしまった場合には、金利は非常に高くなり、苦しくなる場合がほとんどです。この闇金の返済が滞り、取り立て時に言葉と力の暴力などで悩むことがありますが、このようなトラブルの対処法などわかりやすく解説していきます。
闇金からプライバシーを守るにはどうする?
借金問題で苦しんでいるとき、闇金業者との間で起こるトラブルには色々なものがあります。ここでは、闇金に関するトラブルの中に、電話番号や名前の他に住所や職場についての個人情報が違法業者に知られて流出してしまうケースとその対策についてわかりやすく解説していきます。
闇金から借りたお金は返す必要ある?
生活において、収入は増えないけど支出ばかり増えていしまう…そうなってくるとだんだん借り入れなどに頼らざるを得なくなってくる場合もありますよね。だんだん苦しくなってくると闇金のお金に頼らざるを得なくなりさらに苦しくなってくることも考えられます。ここでは、闇金から借りたお金に返済義務があるのか、わかりやすく解説していきます。
闇金と暴力団・やくざの関係
お金が回らず苦しくなってしまった時についつい手を出してしまいがちなものに闇金があります。違法な金利でお金を貸し付けるだけに闇金には借金によって大きな利益が入る仕組みになっています。闇金からの借り入れにはどのような意味があるのか、この闇金と暴力団・やくざの関係についてわかりやすく解説していきます。
闇金と正式な消費者金融の違いは?
収入が増えず、支出ばかり増えていく…そうなってきますと、借金の必要性が出てくるため、借金を借金で返す…そして最後は闇金に手を出してしまう。これは非常に苦しくなってしまう最悪の流れとも言えますよね。ここでは、借金で極限を避けるために知っておきたい、闇金と正式な消費者金融の違いについてわかりやすく解説していきます。
闇金と知らずに契約したらどうする?
増えない収入に増えていく支出…そうなってくると借り入れの必要が出てくるものですが、一般の金融業者と思って借りた先が実は闇金業者だった…こういったケースも無いことではありません。ここでは、闇金と知らずに契約したときに出来る上手な対処法についてわかりやすく解説していきます。
闇金の悪質な請求事例
キャッシングやカードローンを利用したいと考えた時に、まずしっかりと確認しておきたいのがその業者が銀行や消費者金融と同様に安心できる金融機関であるかどうかという問題です。ここでは、間違えて申し込んでしまう前に知っておきたい、闇金の悪質な請求事例について詳しく解説していきます。
闇金相談で必ず話すべきこと
謝金が増えていくうちに、とにかく返すためしか考えられなくなるなどの理由で、思わず闇金業者にお金を借りてしまう…そんな避けたい自体になったとき、どうやって対処をすればよいのでしょうか?ここでは、闇金問題の解決のために弁護士や司法書士など法律家に相談する際に、必ず話すべきことがどんなものがあるのかわかりやすく解説していきます。